WAVE 2000 KIDS SOCCER IN 屋久島

2003年3月20日 am11:30
いよいよ戦争が始まる。
TVでは国会、国連、ブッシュ、小泉さん、バグダッドばかり。

私はこの悲しい現実から逃れるかのように、タイミング良く、 屋久島で開催される
WAVE 2000 KIDS SOCCER IN 屋久島のMCの仕事で初めて屋久島に行くこととなった。
 
 



ここでちょっとWAVE 2000 KIDS SOCCERについてご紹介しておくとしよう!

「WAVE 2000 KIDS SOCCER」とは、元Jリーガーや監督・コーチの方々が、子供たちへ直にサッカーの指導をする中で、サッカーの振興・普及を図るプログラム。
この教室は、プロの試合などを見る機会が少ないエリアの子供達に夢と希望を与えるために、日本全国のなるべく都心でないエリアで開催されている。今回の屋久島は昨年に続き、二回目。上屋久町の役場の皆さんの熱意が実り、またこの島での開催の運びとなったのだった。

今回は、黄金の右足と言われたジュビロ磐田を作り上げたことでも有名な、元ジュビロ磐田監督/現マッチコミッショナー:杉山隆一さん。元横浜マリノス選手/現コーチ:木村浩吉さん。元浦和レッズ選手/現コーチ:望月聡さんの3名の先生が、小年たちに夢を与えた。今回の参加者は、前回に増して、小学生から高校生まで合計80名。日本最高峰のコーチングを受けて、みんな目が輝いていた。

屋久島は日本色が濃い南国。島ということからは沖縄っぽいイメージを持っていましたが、鹿児島県に入るこの島は、屋根の色、緑の濃さ、太陽の照り方が意外にもまさに九州でした。

屋久島と言えば、屋久杉で有名ですが、実は屋久杉というのは、樹齢千年以上の杉を指すのだそうで、それ以下は小杉と言うそうです。樹齢800年の杉でさえ小杉と呼ばれるそうで、これには驚きました。
杉を見学するなら、一番の古株『縄文杉』を見てみたいですね!その樹齢なんと、7200年!!キリストさまもお釈迦様もヒヨッコに思えるくらいの最長老の貴重な杉なのです。しかし、そう簡単にはお目にかかれない。車で登山口まで行って、ハイキングして到着するまでに、軽く10時間かかってしまうのですから。縄文杉を拝むことは、屋久島に来た最大のイベントであり、一日仕事なわけです。ということで、私は残念ながら今回は縄文杉にはお目にかかれませんでした。(仕事で行ったのだから、まあ仕方ない・・・)
代わりに、樹齢3000年の弥生杉を見学させていただけました。

弥生杉でも充分すごい!!時間がない方には是非、この弥生杉のある『白谷雲水峡』をお勧めします。ここは、標高800M地点にある原生林のエリア。白谷地区の屋久島自然休養林です。ハイキングコースが設定されているため、一時間ほどのショートコースで、白谷の渓谷美と屋久杉をはじめとする巨木の原生林を堪能できます。
このエリアで一番の見所が、縄文ならぬ弥生杉!勿論時間と体力に余裕があれば、ここを縦断している、屋久島の最高峰『宮ノ浦岳』への登山道を進んで、縄文杉、大王杉などを堪能しながら頂上を目指していただきたいですね!

また近場の見学コースでは他に、屋久杉ランドも楽しいようです。いずれにしても、『屋久島来たなら、一度は見たい!』それが屋久杉なのです。
さて、屋久島で見つけた良いものに、食べ物とお酒があります。地のものはとにかく美味しい(^0^)/ 
お魚も良く採れ、魚介類も豊富なこの島で、特に印象に残ったのが、さばを干した『さば節』
鰹節のように粗く削っておつまみとして、また青菜と一緒に炒めたりしていただきます。これが癖になる。魚臭さはさほどなく、お酒にとにかく合うんです。(あっ、呑んべえ発言をついしてしまった(^0^:)
お酒は何と言っても薩摩焼酎!中でも、三岳酒造の『三岳』が、本当に呑みやすくて美味しかったですよ!
芋焼酎なのにまったく臭くなくて、なのにコクと香があって呑みやすい。東京にも是非置いて欲しい一品です。これに、地元で採れる『だいだい』を絞って入れて作るお湯割が、今までで一番美味しいお湯割でした。だいだいも、東京ではちょっと高価なものになっていますが、是非、皆さんにも一度はお試しいただきたいものです。
さて、大切なお土産なら『ぽんかん最中』がお勧め!甘すぎない名産ぽんかんの餡が、最中とマッチして上品な香と触感を楽しめる逸品。総理大臣賞を獲得するだけあるお菓子です。また、地もののかんきつ類「たんかん」は、東京ではめったにお目にかかれませんが、島でなら、どのスーパーででも買えるので、是非その味と香を楽しんでいただきたいと思います。とにかく、お金をかけずに大満足できるという本当の意味での贅沢を満喫させてもらえた初屋久島スティでした。
皆さんも、是非一度、屋久島の自然と味に癒されに行かれてみてはいかがですか?

 

コメントをどうぞ