今年もよろしくお願いします m(^0^)m

新年明けましておめでとうございます!! 
 みなさん、今年もよろしくお願いします m(^0^)m
 
 


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
  さて、昨年後半から徐々に仕事面も上向きになってきた。
 NYから帰国して、道が一旦閉ざされてしまったこともあり、軌道修正には思った以上に時間がかかってしまった。年齢的なことと重なって、MC業に完全に戻ってくるまでには沢山の回り道をしてきたように思う。「でもやはり、自分の心に正直に、やりたいことに向かわないといけないんだな。」最終的に、今ここから、本当の石田充佳が始まるのだな! と、新しい年を向かえて気持ちを再確認している。
 さてさて、新年早々なんなんだが、年末に私は電車に飛び込んだオジサンが、救急隊員に助けだされるシーンに出くわした。年の瀬も押し迫った12月30日のことだった。幸いその方は命は取りとめたようだったが、怪我の状態は図り知れない。駅のホームで電車に巻きこまれ、2両分くらい引きづられたらしかった。「しっかり、がんばって! 」と目の前を担架で運ばれるその方に声をかけるオバサマもいらした。「助かっても、かえって大変よね・・・」ともらすオバアサマの声も聞かれた。踏み切りは開かず大渋滞。悲喜こもごもの人生模様、死ぬときは人に迷惑をかけないでしにたいと痛感した年末だった。
 さてさらに、年明けて半月が経った今日また、電車の人身事故に遭遇。今度は目の前ではなかったものの、岡山に司会の仕事にいく途中だったため、見事、新幹線には乗り遅れてしまった。幸い前ノリ(前日入りで移動だけの日)だったため、便を遅らせ、ことなきを得たが、こうも人身事故が続くというのはどういうことか・・・知りあいは、そういうこが続いて自分だけ助かったりした後から、運が良くなってきた・・・と言っていた。また別の運が強い知人も、よく人身事故に立て続けにあった経験があると言っていた。私の運も上がる前兆だとしたら良いことだが、やはり事故は心を明るくしない。迷惑であると同時に、事故を起こしたご家族のことを考えると胸が痛む。私の地元沿線は飛び込み等のメッカ? とも言われる位、よく事故がある。風水的にも事故が多発しやすい場所のようだし、線路の構造上もダイブしやすい死角が多いと聞いた。でも、理由はどうであれ、それに巻きこまれた運転手さんは半年くらい精神的なショックを克服するためお休みになるそうだから、人の人生にまで迷惑をかけてはいけない。どうであれ、絶対避けなければいけないと思う。これは年末の事故現場で、オバサマたちがものすごいリサーチ力で、聞きだしていたのを耳にしたんだが・・・
 今日あらためて、死ぬのではなく生きることに力を使うことの大切さをまた学んだ気がする。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 では、2003年が皆さんにとって、素敵な年となりますように!!

 

コメントをどうぞ