日本人の良い部分を最大限に活かしたような会社に出逢った。

日本人の良い部分を最大限に活かしたような会社に出逢った。
『高見沢サイバネティックス』という会社をご存知だろうか?世界で初めて多能式券売機の開発を手がけた会社で、駅や金融のATMの内部ユニット製造にかけて世界でトップを行く技術力を誇る会社なのである。さまざまな券売機の自動化は、この会社の技術があってこそ実現したと言っても過言ではないそうだ。ただ派手に今まで宣伝してこなかったため、知名度は未だ少ないかもしれない。
 
 


今回私は、この高見沢がグループ合同で開催した初のプライベートショーのMCをさせていただいた。Human Technologyをコンセプトとしている会社だけあって、単なる物作りでなく、本当に社会にとって役に立ち、かつ優しい製品をつくっている。地震計や環境汚染度を計測する環境テレメーター等も開発している。どのコンセプトも人との関わりをとても大切にしていて、実力は超一級、それでいてミーハ‐的でないところに、何だか古き良き日本人を感じたのである。どうやら約3年前に亡くなった先代・創業者の社長が素晴らしい方だったようである。こういう会社が日本にもっと増えれば、不景気なんて怖くない。世界を相手に向かっていけるのにな、そう思える。
ちなみJASDAQ市場に上場されている会社だが、来年度に発行される新紙幣への対応製品で注目度も更に高まりそうだ。なんと言っても、韓国のウォンによる偽500円硬貨騒ぎが盛んだった頃、この会社の内部ユニットを持つ器械だけは、ウォンを感知し被害に遭わなかったそうで、ニュースとなったこともあったくらいだ。(そうだ・・・知らなかったけど^0^;)
こういう会社に出逢えた光栄に感謝しながら、今日もMC、頑張るゾ!!

 

コメントをどうぞ